audio-technica ATH-W10LTDレビュー

2010年04月12日 00:00

audio-technica ATH-W10LTDレビュー

w10ltdsse.jpg


●スペック
構造 密閉ダイナミック型
インピーダンス 48Ω
感度100dB
重量369g
再生周波数帯域5~30,000Hz


●付属品
変換プラグ(ねじ込み式)
キャリングポーチ

●音質
音の傾向はオールラウンドに上から下まで出てバランスが良い
オーディオテクニカ35周年を記念して限定生産されたヘッドホン
北海道産アサダ桜の心材のみを厳選してハウジングに採用してる
今回はイヤパットの劣化でオリジナルの天然コラーゲン配合イヤパッドではなく
W1000用のイヤパットを使用している
ヘッドパットはオリジナルのままレビューする

再生環境環境
TRV-CD4SE→HD-1L

高音は刺さらず心地よい
量はそこそこあるが伸びは普通
柔らかであり魅力的である
やや上のほうの伸びが気になるが妥協点か

低音は必要量は出ている
そこそこ締まっていて全体のバランスを崩さず良い
跳ねるような音圧はあまり感じられない

ボーカルは伸び量ともに普通
もう少しボーカルが伸びきって欲しい印象は受ける
刺さりなどはまったくない
ややかすれ気味に聴こえる時がある
ボーカル自体の艶やなどは良く魅力的
柔らかで独特な魅力がある

横の広がりはそこまで広くは無い
音が耳周に集中している印象を受ける
上と下の音場は広いのだが
横の広がりと音の分離が弱点か

臨場感はそこそこ
音の迫力は普通
スピード感は今ひとつほんの少しだがもっさりした印象をうける
適度に明るくキンキンした音がまったくしない
それでいてそこまで篭った印象を感じずバランス良く心地よい音を奏でてくれる
聴くジャンルはあまり選ばない
ゆったり音楽に浸るには良いかもしれない

音の立体感などは普通
解像度は普通
音場はやや狭い
明瞭さは普通

販売価格から考えればコスパはあまり良く無い
ただこのような商品は限定価値が付く分所有欲は満たしてくれる
木のハウジングの美しく、この製品はハウジングは素材の色を活かすため
塗装時に着色を施してをらず使えば使うほど味が出てくるのではないだろうか


●装着感
ウイングサポートが快適
重さも感じず側圧も普通
やや蒸れるかも

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://theunno.blog109.fc2.com/tb.php/535-69ea4cc4
    この記事へのトラックバック