和ホンとは言われなかった…

2009年12月09日 21:16

100-paana (3)

ということで到着パナソニックのRP-HDA100
もう生産完了してるヘッドホン
定価は4,5万円と今では普通かと思うかもしれないけど
一昔前で考えるとヘッドホンに4万とかあり得ないだろうし
それに今みたいな高級機も出てなかっただろう
2000年発売で今となっても珍しいデザイン
それに再生周波数帯域3Hz~100kHzというスペックが異常だったりする


高級機らしく化粧箱つき
ケーブルは交換できる
100-paana (4)

ドライバとかイヤパット
100-paana (2)

なかなか類を見ないデザインだよなー

音は高音はかなり伸び量も十分ある
ただ刺さるかなり鋭く痛い
中域は凹む
ボーカルがイマイチ
なので弦楽器とかを鳴らしてみたが
うーんなんか歪む?というか悪くはないんだけど
どこか物足りないというか
ということでTRV-84HDを使ってみた所
だいぶ良くなった
ダメなところというか弱点を補う感じで
ただ確かに聴きやすくなはなったがなんか個性を潰してるような…

悪くはない
ただつまらない

ということでHD-1Lで鳴らしたときに良い!と思える曲を探すしかないな
まぁここまで書くとやっぱ音悪いのかと言われそうだが
予想してたよりはずっと良い
キンキンして音場も狭いし解像度も低い
みたいなのを想像してたからだろうけどね
ただ3万で買うことを考えるとやはりコスパは悪いだろう


んで知ってる人は知ってると思うけど
このヘッドホン咲のキャラの和がつけてるんだじぇー
100-paana.jpg
     ____
   /      \   
  /  \   ,_\    作者はデザインで選んだのか?
/    (●)゛ (●) \ このヘッドホン知ってて描いたなら
|  ∪   (__人__)    |  なかなかマニアックだな
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /  


確かネット麻雀してる時に付けてるのか?
うーんまぁ装着感は悪くないけどね

スポンサーサイト


コメント

  1. お米2号 | URL | -

    RP-HDA100とはすっかり意表を突かれました。スペックはSACDやDVDオーディオを意識したのではないかと思います。
    でも今これを買うってのは相当勇者ですねぇ。

  2. Matthieu | URL | uIWOLa26

    つきじさん、こんにちは。

    既に生産完了品とのことですがすごく近未来的な感じがしますね。

    最初に見たとき、え?これヘッドホンなのか?と思ってしまいました^^

  3. つきじ | URL | -

    お米さん
    今からもう10年くらい前にねるんですよね…
    当時小学生かw
    しかしこのヘッドホン意外とヘッドホンサイトで持っている人が居ないなぁ
    一応昔のハイエンドなのに…
    一人居たけど閉鎖したしなぁ

    Matthieuさん
    かなり奇抜なデザインですよね
    どうやらパナは時代を先取りすぎたようですね
    ヘッドホンブームがくる何年も前にこんなの出すとか

  4. 黄昏 | URL | -

    結局これも買ってしまいましたか。
    私もつきじさんが前に紹介してなかったらこのヘッドホン知らなかったなんですけどね。
    だから正直咲を読んでもきっとオリジナルヘッドホンだと思ってたでしょうね。
    しかし例え現在においてもこのデザインは果たして受けるのかは微妙ですよねえ。
    ところで飛び出している青いパッドみたいなのはなにか意味があるんですか?

  5. つきじ | URL | -

    買っちゃいましたw
    まぁ評価も低しですし知らなくても無理はないです
    青いパットはデザインのために色変えて、開放感出すために分けてるんじゃないかと
    まぁデザインってのが一番の理由だと思います

  6. 司 浩 | URL | EBUSheBA

    中域の凹みは装着次第だと思います。耳の後ろに後部のイヤーパッドを目一杯押し当てながら、前のイヤーバッドを頬骨に当てるように付けると中域の量感は改善するし低域の厚みも少し出ます。(丁度、おっぱいさんのように、目の下に前のイヤーパッドを持ってくるような感じで。)只、頬骨にイヤーパッドが当たるという前代未聞の状況に少しこそばゆい感じがするのは自分だけなのでしょうか?

    因みに、このヘッドホンは小音量でも音質が変わらないのが最大の武器だと思いました。

  7. 司 浩 | URL | EBUSheBA

    中域について。

    中域の凹みは装着次第だと思います。耳の後ろに後部のイヤーパッドを目一杯押し当てながら、前のイヤーバッドを頬骨に当てるように付けると中域の量感は改善するし低域の厚みも少し出ます。(丁度、おっぱいさんのように、目の下に前のイヤーパッドを持ってくるような感じで。)只、頬骨にイヤーパッドが当たるという前代未聞の状況に少しこそばゆい感じがするのは自分だけなのでしょうか?

    因みに、このヘッドホンは小音量でも音質が変わらないのが最大の武器だと思いました。

  8. 司 浩 | URL | EBUSheBA

    中域について。

    中域の凹みは装着次第だと思います。耳の後ろに後部のイヤーパッドを目一杯押し当てながら、前のイヤーバッドを頬骨に当てるように付けると中域の量感は改善するし低域の厚みも少し出ます。(丁度、和のように、目の下に前のイヤーパッドを持ってくるような感じで。)只、頬骨にイヤーパッドが当たるという前代未聞の状況に少しこそばゆい感じがするのは自分だけなのでしょうか?

    因みに、このヘッドホンは小音量でも音質が変わらないのが最大の武器だと思いました。

  9. つきじ | URL | -

    確かにこの装着方法だと中域はそこそこ改善しますね
    ただこの装着方法だとRP-HDA100の良さをかなり殺してる気がするので…
    なかなか難しいですね
    かなり変わった鳴らし方や音がするので
    やはり改善するよりその短所をどう活かすかを考えて使ってるんですが
    それはそれでなかなか難しく
    結構このヘッドホンには振り回されてます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://theunno.blog109.fc2.com/tb.php/429-3b048a64
この記事へのトラックバック