Goldring DR150 レビュー

2008年03月27日 19:58

Goldring DR150レビュー

DR1501.jpg


開放型ヘッドホンというのを体験してみたく購入してみました
SENNHEISER HD595とかなり迷った思ったあげくこちらをお買い上げ

●スペック
形式オープンエア
インピーダンス32Ω
感度
110dB
重量250g
再生周波数帯域18~20,000Hz


●付属品
ミニ-標準変換アダプター

●音質
音の傾向はオールラウンドでバランスの良い音であり
基本時にはドンシャリで、ソースによってはシャリ音が目立つかもしれない

上から下まで綺麗に出ており、何か抜きんでた音(超高音や重低音)
が有るわけでは無いのだが
逆に他の音に邪魔されずバランス良く出来た音だと思う
ボーカルなども他の音に沈まず伸びもなかなか良く
表現力もなかなか良く繊細な表現も出来るし特にソースも選ばない

特に耳に刺さる痛い音とはしないし、音のこもり感などはほぼ無いのだが
音が若干暗いというか、もっさりした音ではある

綺麗に纏まった音ではあるのだが、
綺麗に纏まりすぎてつまらなく感じる人もいるかもしれない
特に低音は有るには有るのだが『ドンドン』といった感じの重低音は無く
どちらかというと丸まった感じの音
どこか迫力に欠けた音ではあるが、音圧などは必要以上に感じられる

本機の魅力はボーカルである
他の音に邪魔されず綺麗に聞こえる
伸びもなかなか良い

音の立体感などは普通~やや高い
解像度は普通~やや高い
レンジは若干狭い
明瞭さはやや低い~普通

このように何か抜きんでた音が有るわけでもないので、
過剰な期待を抱くと自分の好みと合わないかもしれないが
私は自信を持って本機をオススメ出来る。


●装着感
よくアームの長さが足りないと書かれるが私個人は全く問題ない
どんなに頭が大きくても最大まで伸ばせば大丈夫
イヤーパットは埃が付きやすい
耳全体を覆うタイプで、弾力が有り長時間のリスニングも快適
コードは交換可能で好みにケーブルに変えられる
コードはねじ込み式では無いががっちりはまるので抜けることはまず無い
アームは調整部分も含めプラスチックで長さ固定がしにくい
作りはあまり良くないと思う





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://theunno.blog109.fc2.com/tb.php/28-f24be0c4
    この記事へのトラックバック