--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRV-84HDの真空管交換方法

2009年01月06日 10:53

真空管ヘッドホンアンプはHA-1AやValveX-SEの二つは有名で、真空管の交換もしやすいらしいですが
TRV-84HDは見ての通り銀色の傘が邪魔をして真空管の交換ができません。
ということで今回はTRV-84HDの分解方法を紹介しようと思います。
要るものはプラスドライバー
長めで大きいほうが楽です。
後、マグネットドライバーでないと難しいのでマグネットドライバーを準備しましょう。

では作業に移ります
まず反対にします。重いので注意
trv-hanntai1.jpg
そして裏面のねじ8個をすべて外してください
全部を外すと裏の板が簡単にとれます

TRV-naibu.jpg

塗装を傷つけないように外すとこのように内部が見えます
私は回路に詳しく無いので中を見てもよく分かりません。
でも綺麗に配列してあるとは思います。

さて次にいよいよ銀色の傘を外します

trv-naibu2.jpg

trv-naibu3a.jpg


見えにくいかもしれませんが赤でしるしをつけた真空管の台の下の所にあるねじを4つ外します。
台の上にあるのはこの台を止めているものだと思うので外さない方がいいでしょう。

これで銀色の傘は外れます。
がしかし初めてた開けた人は、かるく接着されているのかなぜか傘がとれない人がいるかもしれません。
なので上のねじの所の銀色に見える部分を傷をつけないように、すこし力をいれて押してあげると外れると思います。
trn-naibu4.jpg

これで傘ははずれました
trv-ue5.jpg

後は慎重に真空管を抜いて交換すればいいでしょう

TRV-sinnkuukann.jpg

以上で交換は終わりです。
戻す時は逆の手順をすればいいです。
めんどくさそうに見えても実際5分もかかりません。

最後に内部の写真を二枚ほど
trv-naibu4.jpg
真空管
 
trv-naibu5.jpg
コイルなどなど
スポンサーサイト


コメント

  1. MURAMASA | URL | mmVObwro

    明けましておめでとうございます。(今更ですけどw)

    遅くなりましたが、MURAMASAです。
    同軸デジタルを導入するに当たり、システムを大幅に替えました。
    メインPC→SE-90PCI→SV-192S→AT-HA2002→HD650の構成からサウンドカードをASUS Nonar DX2に、同軸デジタルケーブルWireWorldで接続しています。

    結論から言うと同軸の方が音の解像度が上がると思います。(と言っても微々たる変化ですけどw)ただし、サウンドカードを替えているので断言できる自信があまり有りません。(チップ自体が違うためか出音の印象がかなり違うからですw)

    簡単ですがご報告します。ではまた。

  2. つきじ | URL | -

    わざわざお教え頂本当にありがとうございます。
    サウンドカードの違いはあるかもしれませんが、やはり同軸の方が良さそうですね。
    それに同軸のほうがケーブルの選び幅が多そうですし。


    DACは入力端子の豊富さや値段から考えるとSV-192Sが良さそうですね、音はあまり聞きませんが、悪い評価は無さそうなので入荷したら考えてみます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://theunno.blog109.fc2.com/tb.php/179-0002ab7e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。