FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のヘッドホン祭 2017年 まとめ

2017年11月06日 21:05

IMG_3154.jpg

お前生きてたのか!!!と思われるくらい急に更新
そんなわけで告知もしてなかったですが秋のヘッドホン祭2017年に参加してきました
夕方から予定があったので少ししか滞在できなかったので、ざっと回って気になった商品のみ聞きました


ULTRASONE Edition15
IMG_3156.jpg
IMG_3155.jpg

Editionシリーズの開放型にあまり良いイメージはもっていなかったが
今回はE8をベースにした開放型のようなヘッドホン
正直Editionシリーズ量産しすぎて昔あった限定価値のようなものはもうあってないようなものだろう

音場はそこそこ広く感じる、ボーカルはやや前方で鳴っているように聞こえる
左右の音の抜けは開放型という割にはそこまで感じなかった
締りのある厚みのある低域が聴いていて気持ちがいい
全体的に音に厚みがあり柔らかい音の印象を受けた

再生はDAVEとiPad ソースはしらない曲ばかりだったので詳しい音はなんともいえない
値段は不明

SENNHEISER HE-1
IMG_3157.jpg

ちょうどタイミングよく空いててすぐ聞くことができたのでせっかくのなので久々にきかせてもらった

おもったより低音が豊かに感じる
前回聴いた記憶なんかはもうないが、それでも高域が目立っていたような印象をもっていたので
あれ?こんな音だったか???と思ってしまほうど自分がもっていたイメージと音が違っていた
左右の抜け、音の細部の表現なんかはやはりよく感じるが
どうしてもあれこんなベースラインの音目立ってたっけ??と思えてしまう
思い出補正もあるだろうが、最初聴いたときの音のほうが個人的には好きであった

マランツのCDPと接続、自分のCDで視聴可能だったが、となりに座って別のヘッドホン聴いてる人のアンプにも
私のCD音源が流れる罠があった
恥ずかしい

オーディオテクニカ ATH-ADX5000
IMG_3160.jpg
IMG_3162.jpg

音場は上に抜けるように広い
上が広く下が狭く窮屈に感じるような独特な音場
低域の締りもよく高域も含めてかなり好みの音ではあった
ただやはり下の音場のバランスと音の抜けがどうしても気になってしまう
悪くはない悪くはないむしろ好みなのだが、個人的にはなんともいえない音場のバランスの悪さが気になって
音楽を楽しめるきはしなかった
このあたりヘッドホン、ソース、諸々変えてちゃんと聴いてみたくはある

CD音源OK アンプはラックスマンを使用していた
自社のアンプはどうした


OCTAVE V16 SINGLE ENDED
IMG_3164.jpg

PSAudioのCDP+DACが再生環境持ち込みCDで視聴
ヘッドホンはHE1000が接続されていた

デザインは捨てて音に全力投球したのだろうと思えるほどデザイン性はないアンプ
ここのメーカーもう少しデザイン性あったような・・・?
スピーカー端子もありスピーカーも鳴らせる

普段聴き慣れたヘッドホンのHE1000であったが、バランス良くしっかり駆動していた
なんとかなく見た目からとても音が太く力強い音を想像していたが
音の細部の伸びと表現が良く、思った以上に細かい音をハッキリと聞かせてくれた
音の分離とそして聴いていて楽しいと思える、音に色付けもしてくれる絶妙なバランスであった
見た目に目をつぶれば音は悪くないと感じた
しかしお値段120万 お高い・・


PRYMA Pryma 01
IMG_3165.jpg

イタリアのメーカーのヘッドホン
カラーバリエーションが何種類もあり
面白いのはヘッドバンドがズボンのベルトのような感じでベルトと穴を調節し
またイヤパッドもマグネット式でカラーバリエーションに合わせて色々自分好みの色にできるらしい

音はとてもじゃないが聴けたものではない
こもった音に狭い音場にただただ接続不良かと思うほど聴いていて不快な音しかしないので
オシャレヘッドホンとして耳につけるのではなく、首から下げて使うのがいいだろう
しかしお値段6万円ほどお高いアクセサリーである



DENON AH-GC20
IMG_3166.jpg

アニメやゲームのコラボモデルが数多く出ているこのGC20
私しているゲームも今度コラボのヘッドホンを出すので視聴した

有線接続も可能だが、Bluetoothが売りなので無線で接続
ヘッドホンの電源入れてすぐスマホが感知してく選択すれば接続完了となった
再生音源はスマホ内にあったMP3ファイル

そもそもあまりワイヤレスのヘッドホンに馴染みがなくKleerワイヤレスとかの製品が出てたときに
少し試してこれはダメだと思って以降聴いてすらいなかったので、
最近のワイヤレスのヘッドホンには昔ながらの音は悪いイメージしかなかっただが
見事期待通りの音ではあった

全体的に軽く耳障りな音しかしない音
昔の精度の悪い車のFMトランスミッターで無理やり音量上げて聴いているような音を思い出した
正直予想より酷い
コラボ系でなぜかこのヘッドホンで色々出ているがなぜこれなんだ・・と思ってしまう音である
せめてもう少しマシな製品があっただろうに

Kurada KD-P1(特注品?
IMG_3167.jpg
IMG_3168.jpg

Blu mk2にE1Rと環境の豪華さでは一際目立つブース
詳細はきいていながフルオープンの特注品か?

かなり低域が強くものすごく低域が主張してくる音
これも前回の記憶が自信がないが、前回視聴したフルオープンのとはまったく別物のように感じるほど
これはヘッドホンアンプのせいなのか、このヘッドホンの音なのかは不明
個人的には前きいた銀色のほうの音作りのが好みであった

前回も思ったが、このような独特で開放感ある見た目をしているが、しっかり定位があって音場を感じれる
のはすごいと思える。
このような形状なのでものすごく開放的で悪くいえば音が散ってただ耳の横でスピーカー鳴らしてるだけのような
音を最初想像していたが、聴いてみるとしっかりと聞くことができる。
勿論周囲の音は普通の開放型よりよく聴こえる

前回もそうだったが、横がスピーカー鳴らしてるブースでこのヘッドホン展示な中々酷である


FOCAL CLEAR
IMG_3169.jpg

芯の通ったやや硬い印象の音
低域も高域もバランス良く聴いていてとても気持ちがいい音
ボーカルも魅力的で聞きやすくとても良い
ハッキリとした音造りだが、決して尖った印象はなく音に適度な厚みも感じ
聴いてい耳が痛くなるような音はしなかった
少しの視聴時間だったのでELEARと比較ができなかったのが残念であるが
正直今回視聴したヘッドホンの中ではダントツで好みであった
個人的には最初に書いたやや硬めの印象の音が好みであったので、
これが経年とともに変わってくるとまたすこし評価は変わるかもしれない

UTOPIA ELEAR CLEARと三種類出てこのCLEARが価格的には2番目に位置する
三種類ともまとめて比較してみたいものである



視聴したのは以上
final D8000など気になるヘッドホンもあったのだが予約でいっぱいで視聴できなかった
またヘッドホンだけ展示で再生環境は自分で用意してくださいブースもスルーしてしまったので
あまり数が聴けなかった
ちょうど一年ぶりではあったが、聴いた中では今年もFOCALのヘッドホンがダントツでよかったなという印象ではあった





スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。