--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のヘッドフォン祭2013 まとめ

2013年05月13日 21:01

レポート一覧
・その1
http://theunno.blog109.fc2.com/blog-entry-1178.html
・その2
http://theunno.blog109.fc2.com/blog-entry-1179.html
・その3
http://theunno.blog109.fc2.com/blog-entry-1180.html
・その4
http://theunno.blog109.fc2.com/blog-entry-1182.html
・その5
http://theunno.blog109.fc2.com/blog-entry-1183.html



ヘッドホン祭りお疲れ様でした
私は超久々の祭り+オーディオイベントだったので浦島太郎気分でしたよ

まず驚いたのがヘッドホン祭りの入場待ち
このイベントはこんな長蛇の列ができるくらい大きくなったのか!?
と思えるほどの列
まさかビルの裏手までぐるっと並ぶとは・・・凄いイベントになったものだ


今回のイベントで感じたことはポータブルが人気だなぁということ
だいたいの人はDAPに分厚いPHPAを縛り付けて持ち歩いて
それでヘッドホンを試聴という感じではあった

ブースがわも据え置き環境を置いてなくヘッドホンのみ展示という形が多かった
まぁそのぶんスペースが広く使えるし、DAP向けのステレオミニが標準のヘッドホンが
多かったのでしょうがないといえばしょうがない
ただipod直刺しで聴いててPHPAは・・?とブース側に聴かれたときは、いつから必須になったしと驚いた


今回の一番の目玉はSHUREのあの新製品イヤホンだったのだろう
整理券を配布しての試聴
一番最後まではいなかったがそれでも最初からほぼ終わりまで長蛇の列だった
なので据え置き派の私としては今回のイベントはイヤホンやPHPAなどが多く
まぁ少々残念ではあった


初めての青山でのイベント参加ではあったが
7ー10を貸しきっての大規模イベント
さらに色んな年代の人達が会場一時間前くらいから並んでるのを見ると
ヘッドホン好きはこんなに増えたのかと嬉しく思える


余談だが
なんの雑誌だったかは忘れてたが
それのインタビューを受けて写真を撮られたが
冷静になって考えると顔入りで雑誌に載るのは色んな意味で非常にマズイ
顔バレはどうでもいいのだが、つけているヘッドホンの名前とか気にいいって所とかを答えたので
HD414Xとか何の気なしに検索したらこのブログが即バレである
職場の人がそれを検索する可能性はものすごく低いだろうがゼロではないので
やはりNGにしてもらうためにその雑誌の人を探しまくったのは内緒である
NGにしてもらえてよかった・・・・



とりあえずみなさまありがとうございました

スポンサーサイト

春のヘッドフォン祭2013 レポートその4

2013年05月13日 20:02

EAR/clearaudio

EAR Definitive DAC
DSC03534.jpg
DSC03535.jpg

圧倒的値段の存在感
ものすごく高い


EAR HP4

DSC03536.jpg

かなり昔から高いという理由だけで知ってる人が多いアンプ
実は私はこのEAR HP4の実機を見るのは聴くのもこれが始めだったりする
今ほどヘッドホンユーザーが多くなく、HPAアンプの数もほんと数える程度しかなかった時からあること考えると
かなり息が長い製品である

PC→Definitive DAC→HP4
音源はブース指定のハイレゾ音源
全体的に高音よりの印象
エッジが鋭く耳に刺さるような音
キンキンとするような音で聴き疲れしやすい印象を受けた
これは音源のせいなのかそれともこういうシステムの音なのか・・・
どちらにしても少し残念な結果である


エミライ
DSC03541.jpg

Resonessence Labs INVICTA
SDカードスロットを搭載し、SDメモリーカードでDSDが再生可能
このヘッドホンはTH900カスタムだったかな・・
これといった印象は無かった機種だが、SDカードでDSDかと思った印象はある
こういった多機能DAC兼HPAは最近ほんと増えたと感じる
ちなみにお値段399,000円
普通に高かった・・


WiseTech
DSC03543.jpg
DSC03545.jpg

G&BL Ebony80
聴いたことないメーカだと思ったらイタリアのメーカーらしい
黒檀を使ったハウジングで写真ではわからないと思うが思った以上にテカテカしいる

ものすごく音はうろ覚えだが
音は低音寄り
低音が弾むような感じで印象的だったような
明瞭さにややかけるが、聴きやすくて独特の低音がきいていて楽しかった


オーディオデザイン
DSC03549.jpg

一室を使ったブースだった

DAC
DSC03548.jpg

プロトタイプとのこと

DSC03547.jpg

HPAについてはDAC試聴会の時にDACと合わせてレビューしているのでここでは割愛させて頂く
ここの青色は私は好きだったり


その5へ






春のヘッドフォン祭2013 レポートその3

2013年05月12日 23:54

URBANEARS
DSC03526.jpg

低音寄りでなかなか音に迫力がある
その分クリアさにやや欠ける感が否めない
デザインというかこういう単色系のヘッドホンは好き
お洒落な人じゃないと似合わないような気もするが

zoundustries
DSC03527.jpg

ギターアンプに見えるスピーカーという商品
ヘッドホン祭りだけどスピーカー
ただ密集してるブースでこのスピーカーを普通に鳴らしてたこのブースに私は戦慄を覚えた



Nu Force

DAC+HPAなどを展示
DSC03532.jpg

視聴したのは
DAC-100
DSC03533.jpg

これを同社のHP-800で試聴
hp800_02.jpg

音源はブース指定
HP800の装着感はなかなか良い
やや音場と横への広がりは狭いか
値段に対してはなかなk良い音がするように感じだが
音場がブース指定なので確定はできない

しかし1万4000円程度とそこそこ手を出しやすい価格帯でもあるので
私が今回買おうかなと思った唯一のヘッドホンでもある





写真だけ

山陽化成
DSC03528.jpg

なかなかお高いイメージが
試聴する予定だったが忘れてしまったので写真だけである


オヤイデ電気
DSC03529.jpg
DSC03530.jpg


電源ケーブルの特売と
リケーブルなどの展示などをしていた
どちらも興味はなかったので写真だけで

バイオスケール
同じくリケーブル品などを展示
DSC03561.jpg

こういうケーブルなどのブースが増えていたことにも驚いた
前はこういうのは無かったはずだ

KO-JO
DSC03531_20130512234636.jpg

写真だけ


その4へ

春のヘッドフォン祭2013 レポートその2

2013年05月12日 23:24

モダニティ
DSC03522.jpg

試聴したのは青のstreer by 50
視聴環境はipodClassic直刺し

全体的に低音寄りの音で明瞭さに欠ける
ボーカルなどは二の次だ!という感じがしてならないくらいボーカルは聴けたもんじゃない
ネタにはなるが音楽を聴くヘッドホンじゃない

DSC03521.jpg

イヤホンは写真だけ

ちなみにこのSMSオーディオはどっかの階の一部で一部屋使ってブース展開していた
何階だったかは忘れた・・
DSC03540.jpg

DSC03539.jpg

DSC03538.jpg

言ったらなんだがただのスペースの無駄使いである


パイオニア
DSC03523.jpg

何個か展示してあったが目に止まったこの2個だけ試聴した
まず右の白のイヤパッドの

SE-MJ 751
このヘッドホンハウジング部分を回すことで低音調節できるのだ
pioneer-se-mj751.jpg


個人的には一番低音抑えた状態が一番バランスがいい
当たり前か
ネタホンだと思ってが以外と聴ける音だった
まぁ最初からネタだろという気持ちで聴いたからからかもしれないが

左のヘッドホン
SE-MJ591
メタリックの見た目はなかなか良い
音は正直聴けたものじゃない
篭った音で故障してるのではないか?と思うレベルではあった
値段を調べると最安で2万となかなかいい値段で驚いている
パイオニアはなにを考えてこれを出したのか謎である




カワサキ特殊印刷
DSC03524.jpg

DSC03525.jpg

どっかで見たことあるなーと思ったDlサイトの絵か
DSC03574.jpg


あーこんなブースもあるんだーへぇー
と思って写真だけとったので詳しい話はきいてない

ちなみに結構前からこういう痛ヘッドホンにできるヘッドホンは発売されている
現にこのブログでもやっつけだが一度やったことがある
http://theunno.blog109.fc2.com/blog-category-76.html



広告をみるとヘッドバンドなどにも印刷しているし
印刷会社なので素人のやっつけ仕事よりは格段に綺麗なのだろう






その3へ

春のヘッドフォン祭2013 レポートその1

2013年05月12日 22:23

32_20130512215559.jpg

ということで春のヘッドホン祭り2013に言って参りました
実は私が最後に参加したのが2010年春が最後だったので
ヘッドホン祭り自体は3年ぶり
オーディオイベント自体もDAC試聴会以来だったり

今回のブース フジヤからコピペ
【出展予定の企業・団体様】(敬称略、順不同、4/12時点)

株式会社エントリージャパン/テックウインド株式会社

株式会社サザン音響/有限会社オーディオデザイン

テイクティ有限会社/ラックスマン株式会社

協和ハーモネット株式会社/株式会社フックアップ

第一通信工業株式会社/イメーション株式会社

株式会社キングインターナショナル/ムジカアコスティックス

株式会社コルグ/フォーカルポイントコンピュータ株式会社

EME/株式会社ディーアンドエムホールディングス

株式会社イーフロンティア/株式会社小柳出電気商会

株式会社アコーステックフィールド/株式会社ロジクール

株式会社アンブレラカンパニー/F.I.T(ファイナルオーディオ)

フォスター電機株式会社(フォステクス/KOTORI OFFICE)

ソニーマーケティング株式会社/ティアック株式会社

有限会社トップウイング/ラディウス株式会社

オーロラサウンド株式会社/株式会社タイムロード

カナルワークス株式会社/有限会社バイオスケール

株式会社JVCケンウッド/株式会社シンタックスジャパン

株式会社エムアイセブンジャパン/リリック株式会社

ジェーエイアイ株式会社/株式会社スフォルツァート

サエクコマース株式会社/株式会社ECスタイル

株式会社ニューオプト/株式会社WiseTech

株式会社エミライ/OPPO Digital Japan株式会社

ハーマンインターナショナル株式会社/音茶楽株式会社

株式会社メース/CAVジャパン株式会社

モダニティー株式会社/株式会社トライオード

ミックスウェーブ株式会社/株式会社アガラ

パイオニア株式会社/パイオニアマーケティング株式会社

WAGNUS./株式会社ロッキーインターナショナル

オプティマルライフ株式会社/株式会社ベンチャークラフト

株式会社オーディオテクニカ/株式会社ワールドフォトプレス

共同電子エンジニアリング株式会社/株式会社アユート

オンキヨ―マーケティングジャパン株式会社/マス工房

株式会社ビジュアル・ネットワークス/株式会社音楽の友社

株式会社中村製作所/山陽化成有限会社

株式会社カワサキ特殊印刷/株式会社須山歯研

ゼンハイザージャパン株式会社/白髪犬工房

完実電気株式会社/有限会社オリオスペック

日立マクセル株式会社/株式会社ザウンドインダストリー

株式会社誠文堂新光社/ベスタクス株式会社

株式会社東和電子/株式会社日本ディックス

GNネットコムジャパン株式会社/フルテック株式会社

アンディクスオーディオ株式会社/KEF JAPAN

ヤマハエレクトロニクスマーケティング



と数年ぶりに参加してみると物凄い数になってて驚いた
祭り自体の感想は後々書くとしてとりあえず行ったブースの軽いレポを書く
ただあまりにも多いのであまりまわれなかったのであしからず・・
後イヤホンとPHPAは最初から聴く気もなかったのでスルーしている
ヘッドホンはHFI-680を仕様


TEAC
DSC03515.jpg


上のCDPがPD-501HR
パソコンなしでもハイレゾ音源再生が楽しめる。
5.6MHz DSDディスクネイティブ再生対応CDプレーヤー。
とのことらしい
下がAI-501DA
HPAではなく192kHz USB入力対応 低消費電力 プリメインアンプ。

どちらも10万程度の入門機レベルの価格帯か
デザイン、サイズ的にはかなりいいと思う
最近のCDPは安くて高機能なのだな
ただこのCDP見ての通りCDトイレが出てくるのはではなくスリットに入れるタイプ
CDをインジェクトするときに思った以上に勢い良くでてきたのが印象に残ってる

音はオールマイティな感じでそこまでクセもなく聴きやすい音であった
HP比較するとかにはいいのかもしれない
余談だが他ブースでも今回の祭りはTEACのCDP+HPAを置いてあるところが結構あったがなぜだろう・・


Venetor
DSC03516.jpg

横の白いのがDiGというDAコンバーター
カラバリが4色くらいあるというDACにしては珍しいもの
ちなみにHPA出力もあるが今回はきいていない

聴いたのは右の真空管式プッシュプルヘッドホンアンプ
参考出展らしい
製品化などは質問していない

システムとしてはPC→DiG→HPA
だったので再生音源はブース側の音源なのであまり細かい感想は無し
以外とエッジが鋭くやや耳に刺さるか
若干要素要素盛った感じの音がする印象があったがこれはちゃんと聞けてないのでなんとも言えない
しかし最近はCDPを置いてなくてノーパソでハイレゾってパターンが多いな・・
CD派としては悲しいところである


オリオスペック
DSC03517.jpg

黒いのがRitmo
http://www.oliospec.com/ritmo.html
最近はやり?の静音オーディオ用ファンレスPC
最初見た時PCだとは思わなかった

HPAがRAL-DSDHA52
RATOCがいつの間にやら物凄い色々製品出してて軽い浦島気分である
RATOCといえばUSB接続のDAC付きHPAのを出してるイメージしかなかった

このシステムはかなり良かった
解像度というか高音の伸びがよくとにかく聞いていて気持ちが良かった
持ってきたヘッドホンが680だったからかすごく合ったので
個人的にはかなり評価が高いシステム

PCは20万 HPAは12万
HPAがバランス兼で10万円代で以外と手が出しやすいのに驚いた
だいたいこういう最上位機種を出すと20万とかつけるイメージが個人的にはある

ちなみにこういうオーディオPCをPCオーディオと位置づけるかCDPとして扱うかが結構個人的には悩みどころ

ロッキーインターナショナル
DSC03518.jpg

CDPは
Audio Agile JOKER>・・・だと思う
でもJOKERってHPA端子があったようななかったような・・
まぁこれはメインではないのであまり気にしないことにする

DSC03520.jpg

HPAはFOCALのBird

これHPAではなく2Way 小型密閉型スピーカーのアンプ部分
なんだったかがっかりというかどうしてもステレオアンプのHPA部分だったりすると
おまけ的なイメージがついてしまう
まぁ元々ヘッドホンユーザー向けの機材でもないししょうがない

一応の感想としては駆動力の無さが顕著
あとややエッジが鋭く聴き疲れる
まぁノイズなどは感じなかったのでそのあたりは良かったとする

このシステムでスピリットワンというヘッドホンもきいたが
お洒落だなーという感想しか覚えてないので悪いがスルーとする
01_20130512224947.jpg

赤がいいね赤が


その2へ続く









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。