AKG K501 レビュー

2010年09月08日 22:44

AKG K501 レビュー

100908_223932.jpg


●スペック
形式開放型
インピーダンス120Ω
感度94dB/mW
重量235g
再生周波数帯域5 ~30,000Hz



●付属品
変換プラグ


●音質
音の傾向は中高音より
全体的に音がやや暗めの印象を受ける
生産終了モデル
音が取りにくく環境によって音が結構変わる印象を受ける

再生環境環境
TRV-CD4SE→HD-1L


高音は普通
特に際立ったものは無い
伸びもそこまでなく普通
やや上の方が荒いか
しかし耳に刺さるような音はしない
非常に軽やか

低音は量が全体的にかなり少なく音が軽く感じる
音圧もほとんど感じられずタイトな感じ
全体的に力強さに欠ける印象を受ける


ボーカルは耳元で鳴るのではなく
一歩引いた所から鳴っているイメージ
伸びも艶なども必要レベルは十分ある
他の音に埋もれることもなくとくに刺さりなども気にならなく快適

スピード感はあまり無い
臨場感はあまり感じ無かった
音の横の広がりはやや乏しいか
もう少し音場が広く伸びて欲しいところ
あまり空間表現がうまいヘッドホンではない
音の抜けは開放型だけあって良く閉塞感は感じ無い
ややもっさりしてるというか今ひとつ伸びが足りない感じがある事が多々ある
上記にも述べたように低音が少ない力強さや迫力に欠けるため
そのためついつい音量を上げてしまうヘッドホンでもある

個性的なヘッドホンであり非常に聴くソースを選ぶ印象を受ける
個人的にはボーカル物よりBGM系のような音楽を気楽に聴くような使い方を進める



音の立体感など普通
解像度は普通
音場はやや狭い
明瞭さはやや悪い


●装着感
良い
重さもそこまで感じ無い
側圧もそこまで強い印象は受けなかった

スポンサーサイト

K501

2010年01月21日 19:20

ということで到着AKG K501
501 (2)

一応まだブログ掲載してないヘッドホンとか含めると70機を超えてますけど
AKG買うのは初めてだったり
まぁ今まで特に欲しい機種が無かったのもあるけど
K701はいまいち好みじゃなかったしK601は未知数
後は特に…って感じで唯一欲しかったのがK501
デザインが好き
それに私がヘッドホンに興味を持ち出した3年前くらい色々調べてた当初
高いヘッドホンだなーと思ってた記憶がある
後バンドの所の金でAKGのロゴが入ってるのがどうしても欲しかったからかなぁ

音は予想してたよりボーカルが遠かった
悪くないけどね
とりあえず真空管とあわせて聴いてみるかなぁ
低音の量とかは大体予想通りかな
まぁーもうちょい色々組み合わせて鳴らしみる
音場は思ってたほど広くないかな

501.jpg
AKGのを買わなかった理由の一つでこのゴムバンドの耐久性が怖かったから
そんなに千切れたとかいう話も聞かないしだいじょうぶだよなぁ…多分