--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和ホンとは言われなかった…

2009年12月09日 21:16

100-paana (3)

ということで到着パナソニックのRP-HDA100
もう生産完了してるヘッドホン
定価は4,5万円と今では普通かと思うかもしれないけど
一昔前で考えるとヘッドホンに4万とかあり得ないだろうし
それに今みたいな高級機も出てなかっただろう
2000年発売で今となっても珍しいデザイン
それに再生周波数帯域3Hz~100kHzというスペックが異常だったりする


高級機らしく化粧箱つき
ケーブルは交換できる
100-paana (4)

ドライバとかイヤパット
100-paana (2)

なかなか類を見ないデザインだよなー

音は高音はかなり伸び量も十分ある
ただ刺さるかなり鋭く痛い
中域は凹む
ボーカルがイマイチ
なので弦楽器とかを鳴らしてみたが
うーんなんか歪む?というか悪くはないんだけど
どこか物足りないというか
ということでTRV-84HDを使ってみた所
だいぶ良くなった
ダメなところというか弱点を補う感じで
ただ確かに聴きやすくなはなったがなんか個性を潰してるような…

悪くはない
ただつまらない

ということでHD-1Lで鳴らしたときに良い!と思える曲を探すしかないな
まぁここまで書くとやっぱ音悪いのかと言われそうだが
予想してたよりはずっと良い
キンキンして音場も狭いし解像度も低い
みたいなのを想像してたからだろうけどね
ただ3万で買うことを考えるとやはりコスパは悪いだろう


んで知ってる人は知ってると思うけど
このヘッドホン咲のキャラの和がつけてるんだじぇー
100-paana.jpg
     ____
   /      \   
  /  \   ,_\    作者はデザインで選んだのか?
/    (●)゛ (●) \ このヘッドホン知ってて描いたなら
|  ∪   (__人__)    |  なかなかマニアックだな
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /  


確かネット麻雀してる時に付けてるのか?
うーんまぁ装着感は悪くないけどね

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。