Beyerdynamic DT660 Edition2007レビュー

2009年08月27日 22:45

Beyerdynamic DT660 Edition2007レビュー

0827 (4)


●スペック
構造密閉型
インピーダンス32Ω
感度97dB
重量350g
再生周波数帯域5~35,000Hz


●付属品
ミニプラグ→標準プラグ変換プラグ


●音質
音の傾向はやや高音よりか
全体的にサラっとしか感じ

高音は伸びも良い
やや線が細い気がするが、なかなか良い音をならしてくれる
そこまで耳に刺さるような音はしないが、決して柔らかいわけではないので
聴き疲れはするかもしれない

低音はやや少なめ
最低限は出ていてる
締まりはなかなか良い
ただ量自体は少なめ

初めて聴いた時の感想が
サラサラしてるという感想
これはやや文書では伝わりにくいが
高音よりの音で密着型ながら広めの独自の音場からの音で
澄んだ明瞭な音
他の機種ではなかなか感じられない音である
そいうい意味では癖が強いかもしれない

音の分離も良いく
ボーカルも明瞭に聞こえる色っぽさなど普通
やや無機質な印象もある
伸びはかなり良い

音の分離などは良く
スピード感はかなり良く音のキレも良い
音の迫力は普通。ただやや力不足に感じる

明瞭で密閉型とは思えないほど音場が広く篭もったりはまったくしない

音の立体感などは普通
解像度はやや良い
音場は広い
明瞭さは良い


●装着感
普通
そこまで圧迫感は感じないが
ヘッドバンドはウルトラゾーンのと同じで
頭頂部が痛くなるかもしれない


スポンサーサイト