HeadRoom Maxed Out Home レビュー

2008年03月27日 22:49

HeadRoom Maxed Out Homeレビュー
DSC00417.jpgDSC00419.jpgDSC00420.jpg

今のメインHPAです。

入力端子はRCA×1系統。
ヘッドホン端子は標準サイズが2つ。
別々にボリュームを変えたりはできない。
ゲイン調節は無し
スルーアウト付き

当時の価格はUS$999、送料&通関手続き等、日本円換算で¥130000程度
出品者談
オークションにて購入



基本的にクリアで解像度が高くレンジも割と広い。
音の輪郭がハッキリし一つ一つの音も明瞭で聴きやすい
だからといって特に聴き疲れもせず。
音のランクアップと確実な音の変化が楽しめる。
情報量は十分ある。
音の残響もなかなかいい
音付けが無いからと言ってただ音が大きくでるとかでは無く、
自然に音に魅力を乗せてくれるこの音は少々文書では表しにくい
今までは曖昧にならしてた音までハッキリ表現してくれる
このあたり自然に鳴らせるのがMaxed Out Homeの魅力だと感じた
特に相性の悪いヘッドホンも無い
オーディオは人によって求める音が違うけど素直にソースの魅力を引き出してくれ本機はその面優秀だと思う
ヘッドホン使用時の頭内定位を軽減する、同社独自のクロス・フィード・プロセッサーを搭載
フィルターを入れると中高音の解像度とレンジの広さがぐっと上がる

短所
ギャングエラー有り。
9時までボリューム上げると直るので、特に今のところ問題は無い

2001年製と古く、また持ってる人が少ないので
再生環境を書くとすぐに誰かばれてしまう
スポンサーサイト