HifiMAN HE-6 レビュー

2011年04月26日 23:48

HifiMAN HE-6 レビュー

232 (2)


HifiMANの平面駆動ヘッドフォン
現在日本では発売されておらず、個人輸入するしかない
今回kazさんに貸していただいたのでレビューしてみよう思う

※2015.3.1 購入


再生環境
PC→Chordette Gem→Maxed out home

かなり鳴らしにくくかなり扱いにくいヘッドホン
私の手持ちのHPAでは唯一Maxed out homeだけがまともな音を鳴らしてくれた
また環境により別物かと思うほど音が変化するヘッドホンなので
もっと駆動力のあるアンプで鳴らせばさらにいい音を鳴らしてくれそうな気はする
今回TRV-CD4SE→DAC64mk2→MaxedかPC→Gem→Maxedどちらでレビューすると迷ったが
前者と後者では音場からボーカルまでまるで音が違う
私個人の音の好みでは後者のほうが音が良かったので、今回この環境でレビューする
前置きが長くなったがその当たり頭に置いておいて欲しい


音の傾向はオールラウンドで上から下まで綺麗に出ている
あえて言うならやや低音が強めに感じる
ボーカルが非常に魅力的で音の分離が良い

高音は量伸びとも十分出ている
芯の通ったしっかりとした音
柔らかさと硬さを兼ね備えている
耳に刺さるような音はしない


低域は低いところから出ていて厚みがある
だから言って決して膨らんだ音でない
音圧が高くかなり力強い音を聴かせてくれる
その上全体のバランスの崩すことなく良い


ボーカルの表現が非常に魅力的
今まで私が聴いたどのヘッドホンとも違う音を鳴らしてくれる
ボーカルだけが浮くような独特な音
繊細で鮮やかでありその音が耳にダイレクトに届く
だからと言って耳に刺さるようなことは無く適度な柔らかさも備えている
この不思議なバランスが非常に心地良く今まで聴き慣れた曲がまるで別物のように魅力的に聴こえる

音場は独特で広いドーム状のような感じ
ずば抜けて音場が広いというわけではない
が音の抜けは非常に良いので閉塞感などは感じ無い

とにかく全ての音が今までのヘッドホンと違う
特にこれと言った苦手なジャンルもないように感じた
だが音圧が高いので長時間聴くと聴き疲れしてしまった
なのであまりゆったりと音楽に浸るような使い方には向かないかもしれない


最初に書いたように物凄い扱いにくヘッドホン
ハマる環境にはとことんハマルが
そうでなければ特に魅力的なところがない高いだけのヘッドホンになってしまう
しかしハマれば10万以上の価値は十分あると感じた
私も今回書いている環境が手持ち機材では一番ベストだと思っているが
さらに上を目指すことができると思っいる
かなり環境の違いを反映するので、ベストの組み合わせを見つけるのに苦労しそうである

音の立体感などは良い
解像度は高い
音場はやや広い
明瞭さは普通



●装着感
普通
装着感自体は悪くないのだが重い
長時間付けていると首や肩が痛くなってくる
側圧などはちょうどよく頭頂部も痛くはならないで
差し引いて普通という評価にする


スポンサーサイト