--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KA-10SHをお借りした その2

2011年05月14日 21:39

春日無線のヘッドホンアンプキットKA-10SHを今度は塩で揉むさんにお借りした
前回と同じく結構前に借りてたのになかなかな載せれなくて申し訳ない

23423444443234 (2)

     、ー-  /⌒r
    人  `Y,_, イ
   / ./7=- ^   ハ 見ての通り外装にもお金かかってるよ!
    { //  「`< _,.ム行 写真じゃわからないと思うけどかなり綺麗に塗装されてる
   〉 l l .=ム=、`f;.j!.}
  ∠ 「ョ 〒 {じ'  _ ¨八
   ^≦入 ゝ、(_.ノイレ'
     く ゝ>rz_フ
     (7ムィ=公vろ
      ヽ、_(\_>、
       ゞ_}  `

ちなみに裏
23423444443234.jpg

         .|` ー 、     . ・ ´ ̄ ̄フ
         !  \ヽ //   /
         ヽ..__乂__,,, ・´
             /  ヽ、  \\\.
         /  ,ヘ、 `・ 、___ヽ ヽ ヽ 中身に凝る人は多くても
         〃. { ⌒` ー .._,.. j | i外装にここまで力入れる人は中々居ないんじゃないかな?
         r| l. ●    ●   | | |
          ヽ,l⊃ 、_,、_, ⊂⊃([ii] {
        /⌒ヽノハ=コ ゝ._)  ノリ⌒iリ.|`>
       ヾ;;;;;/ヽZ_`ー,   -イレ;;;;;;/ト、i
.        ヾ、  フヾ;::|⌒/:::;ハ__,∧
           ヽ〈  ヾ∨::;/ 'ーイ i|

よくやるなぁ・・・



       <´ ̄`ヽ=/_ ̄/
      /ヽ、._ヽLi/_ノ:ヽ というか今更ながら私ノーマルのKA-10SHの音って
      ,':〃:::ヽ:/!、::/::\:::::l 聴いたことないんだよね…
      l:::{l|:ヽ:/  ヽ、:/ヽ:::|   自分で買えってことかな…
     .!::瓜イ =  =l`l:::ノ
     / ソヘ.{、''  ワ''ノ!ノイ
        /}`ス/ ̄ ̄ ̄ ̄/     
      .(_:::::つ/       / カタカタ
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/____/


球は3種お借りしたが
E288CCが一番好みだったでそれをメインで書く
ヘッドホンはHD650をメインで使っていく

再生環境は
TRV-CD4SE→KA-10SH

DAC64mk2を間に挟むかで迷ったけど前回と同じ環境にするため挟まないことにした
ただこのアンプというか球?はDAC64mk2とものすごくあう
特にバッファをMAXにしたときの女性ボーカルの滑らかさは今までに聴いたことがないレベルだった
聴いたときかなり衝撃を受けた
ここまで魅力的にボーカルが聴こえる物のかと
これだけのために欲しくなったレベル
無しだと少しボーカルの表現に物足りなく感じる
これはしょうがない


高音も普通に出ているがどちからというと低音のほうが目立つように感じる
個人的にもう少し高域が伸びても良いと思う
音場は目立って広いわけではない
全体的な解像度は割と高い
芯の太い低域に支えながら、中域から高域まで綺麗に聴こえる
ボーカルの生々しさは今ある手持ちのアンプの中では一番だった

あと思った以上にヘッドホン選ぶように感じた

実は今回自分はかなりE288CCに魅了された
もちろんE288CCだけの力じゃなくアンプ本体との組み合わせがあってだからこそだろうが
このE288CCから出る音に物凄く惹かれてた
最初聴いたときは5時間以上いろんなCDを聴いた



DSC_0046.jpg

左からECC88、ECC189、E288CC


個人的にE288CC>>>>ECC88>ECC189
くらいの順で好みだった




スポンサーサイト

KA-10SHをお借りした

2011年03月04日 21:35

春日無線のヘッドホンアンプキットKA-10SHをちょこなゆうさんに借りたのでレビュー
実はかなり前に借りてたけどなかなか載せれなかった
すいません…
110304_213706.jpg


アンプの紹介しかも真空管なので音のレビューってのは中々難しい
今回4本の真空管をお借りした
多少改造もしてあるらしいのでKA-10SHそのものの音とは多少違うと思うので
その辺りを頭に置いておいて欲しい

使用ヘッドホンは
DT990PRO
ATH-SX1a
ATH-W11JPN
AH-D7000
HFI-680

再生環境は
TRV-CD4SE→KA-10SH
PC→Gem→KA-10SH
の二通りを使い分けながらレビューする

まず構造について
電源スイッチは前面にあり便利
HPの出力がミニオンリーなのが不便なところ
据え置きなのに両方ミニなのはなんでなんだろ?
入力はRCAオンリー
電源ケーブルは交換不可で2P
ボリュームはギャングエラーも無く、ホワイトノイズも音量をMAXまでしてもない
ドライブ力は高い
真空管は剥き出し状態
交換には便利だが万が一の時には怖い


本来なら全部の球について書いておきたいのだがそうすると時間がかなりかかるので今回借りた中で自分好みだったこれ
JAN 6922?と箱には書いてあった。私は真空管についてはほぼ無知状態である
234543_20110304213022.jpg

とりあえずこれをメインに書いていく

音場はそこそこ広く
非常に鮮やかで音にメリハリがあるなか
その中で音の細部に柔らかさが感じられ絶妙なバランスで音を聴かせてくれる
この音は今までの手持ちのヘッドホンアンプでは感じられなかった音の感覚なので面白い
個人的にはもっとゆったりと柔らかい音を想像していたので少し予想外ではあった
なので意外と今回聴いたヘッドホンではどれもそつなく鳴らしてくれて
特に相性の悪いのは無いと感じた
唯一HFI-680はボーカルや解像度は文句なかったのだが音の横の広がりが
HD-1Lと比較した時狭く感じた。このあたりゾネのヘッドホンとは相性があるかもしれない

今回聴いて良いと思ったジャンルは
ジャズ、クラシック、popsなど
打込み系の電場ソングとかはどうもスピード感に欠けてイマイチだった

最初にも書いたようにこれは真空管アンプなので球によって音がかなり変わる
それに自作キットのためもちろんコンデンサーなでの変更も自由にできる
そうして自分好みの音を作れるアンプなので、是非自分好みの音のKA-10SHを作って欲しい



他3つ一応メモ
6DJ8/ECC88 MADE IN HOLLAND
234543 (5)

メリハリが強く低音が強い
ベースが強調されたような音
ちょっと曲によってはバランスわるいく感じることも

松下6DJ8
234543 (4)

落ち着いて柔らかい音
ややボーカルが他の球に比べて主張せず落ちていた感じ
全体的に非常に聴きやすいが刺激は欠ける
今回借りた中で二番目に好きだった

PCC88 MADE IN CZECHOSLOVAKIA
234543 (3)

ボーカルより他の楽器がやや目立つように聞こえた
傾向としては松下のにやや近い気がした


価格からすればかなりの満足度が得られると思う
完成品も多少高くなるが売っているので自作に自信が無い人も購入することができる




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。